プログラム

PROGRAM プログラム

2022.10.29

ただの夏の日の話

seat
松岡芳佳

監督松岡芳佳

監督松岡芳佳

PROFILE

CMディレクターとしてCM、ドラマ、映画、雑誌のディレクションまで幅広く手がける。
キャラクター性の出たリアルな会話描写の中にちょっとした違和感を演出することが得意。本作映画初監督にして数々の賞を受賞。

出演

深川麻衣 / 古舘寛治 / 高嶋香帆

まだ昨晩のアルコールが抜け切らない重い身体をゆっくりと起こしたとき、
彼女の記憶はどこにも結びつかなかった。
ただわかったこと、それは窓の外に見える景色がたぶん東京ではないこと。
部屋の中に見知らぬ男性が寝ていること。
さらに言うと、” おじさん” な気がするということ。
酒に呑まれ記憶を無くし、陽月はなぜか「桐生」に来てしまっていた。
どこのだれかも知らない” おじさん” と。そんな、見知らぬ場所で見知らぬ人と過ごした、“ただの” 夏の日の話。


短編映画『ただの夏の日の話』は、深川麻衣さんと古舘寛治さんを主演に迎え、見知らぬ人と見知らぬ場所で過ごした、“ただの”夏の日の話を描いた作品です。

伝えたい内容自体はずっと前から自分の根底にあるような考え方だったのですが、最近は特に、自分を含めて沢山の人が、日々を必死に慌ただしく生きていて、納期や目標ばかりを意識していたり、コロナウイルスの影響で、待ち遠しい日を背伸びして待っている感覚を持っていました。

この映画が、そんな人たちにとって今自分の足元にある、見逃してしまいそうな小さな幸せや奇跡を拾い上げられるきっかけになったり、少しの時間息を整える瞬間になることができればと思いを込めています。

◇キャスト
深川麻衣
古舘寛治

高嶋香帆

松本紀美代 金子昌弘
藤倉健久 高久保貴絃 
大橋孝行 佐藤亮平 中島康介
伏木康雄 伏木沙織

◇スタッフ
監督/脚本    松岡芳佳
プロデューサー 村地洋祐
撮影      岡村良憲
照明      高倉 進
助監督     松下洋平
美術/装飾    浅田夏矢子
スタイリスト  一宮理紗
ヘアメイク   鶴永千紘
録音      小林丈泰 高橋 健
DIT       石井紀章
編集      戸野部美奈
VFX      馬込夏帆
カラリスト   田中 基
ミキサー    斉藤ゆり恵
制作      上山登生

撮影助手    冨田大貴 宮川大翔 渡邉 翼
照明助手    佐藤 学 浜田浩史 門間俊一
録音助手    笹本竜之介
カラリスト助手 片山健人
制作応援    小林佳弘 小澤陽介 加藤 稜 椿祐梨也
        池田真央 後藤諒太 柴山竜輔 西脇三姫
        寺本花鈴 鈴木大喜 杉浦里菜 小松永幸
車両      タイレル
        坂倉道也 田浦直人 酒井航太郎
        大原章嘉 砂川雄亮 榊 美加

アートディレクション 浅田夏矢子
グラフィック撮影   山村祐太郎
グラフィック撮影助手 太田嗣海

撮影機材協力  小輝日文 映像サービス
照明機材協力  東洋照明
衣装協力    ORiental Traffic Jouete
ポストプロダクション協力 C STUDIO L’espace Vision

撮影協力    群馬県桐生市/みどり市 わたらせフィルムコミッション
        わたらせ渓谷鐵道/沢入駅 梨木館 みどり市立大間々図書館 雪の屋
        梅田湖観光開発 有限会社芳朱堂印房 料亭一婦美 
        サンレイク草木 ホテル東横INN桐生駅南口 パークイン桐生

主題歌   「海月の散歩道」The Songbards
      作詞・作曲・編曲/The Songbards(Victor/Getting Better)

音楽    徳澤青弦
演奏    徳澤青弦/柏倉隆史
録音    美濃隆章

Special Thanks  小方 聡 若狭友惠 金川佳乃 近藤 麗 周藤史朗 深澤幸司
         品川知一 岡野紀子 伊藤恒朋 金子鉄平 鈴木雄大 荒川隼人 
         齋藤幸雄 谷 明憲 池田鉄平 永井 聡

公益社団法人桐生青年会議所
きりゅう映画祭委員会メンバー 佐山 弘 荒木秀太 糸井理紗 坂入悠太 新井 護
               岩﨑悠紀 金子明穂 黒澤淳聡 中村明江 前原稔彦
サポートメンバー  黒澤卓也 大澤道成 丹羽律人 新井慎吾 森 一廣 福田純夫
          石内宏樹 佐藤勇気 大内勝文 半田晃大 岩崎啓行 星野達也