知多半島映画祭は観客全員が審査員

知多半島映画祭

お問い合わせ

映画祭ブログ

映画祭ブログ

映画祭スタッフのブログ

2015.03.15

フロンティアのパイオニア~勝利への美学とは~(映画『マネー・ボール』)



45a30f6cf8cd78f2eb2caab619c007d8.jpg

 

弱い者には、弱い者の戦い方がある。

 

それを教えてくれるのが、この映画『マネー・ボール』です。

 

この映画の主人公のビリー・ビーンは、米国のプロ野球チームのオークランド・アスレチックスのGM(球団経営者)です。

 

彼の経営する球団は、MLB30球団の中で、資金力は29番目。つまり、超貧乏球団なのです。その資金の少なさは、圧倒的資金力があるニューヨーク・ヤンキースの3分の1。

しかし、そんな彼の球団は、162試合中で、100勝以上をあげる常勝球団に仕上げることに成功するのです。

 

その秘訣とは、何なのか。

それは徹底的なデータ分析により、金額的に評価されていない選手能力を発掘し、安く勝利に貢献する選手を獲得するという方法でした。

最初は上手くいかなかったり、批判の渦中に晒されたりします。しかし、最後まで自分を信じて、信念を貫くことで、最高の結末を手にするのです。

 

彼が、確立したこの勝利の方程式は、今では、MLBやプロ野球での常識になっています。

その先駆者として、追求した美学を、ぜひ、この映画で体験して欲しいです。

 

スタッフR

 

---------------------------------------------------------------------------

Twitterやってます!今日のおやすみの一言、ゆるく更新中!

ぜひ、フォローお願いします!!

@ryota99_mylife

https://twitter.com/ryota99_mylife

2015.03.08

『正義の味方 2.0』(映画『ベイマックス』)



ogp_image.jpg


 

映画『ベイマックス』見てきました。実は、先週の話です。

 

先週も書いたのですが、あまりにも内容がなかったもので、今週は、しっかり内容を書いていきたいと思います。

 

今回は、兄弟愛がテーマになっています。

最近のディズニーで主流になりつつある、同性同士の友情、愛情がテーマの作品です。

 

弟のヒロが、今後の人生に悩み、怠けきっていたときに、一緒に方向性を探し、大学受験を支え、見事に合格させる。そんな兄の清い姿が印象的な前半。

 

兄が死んでしまい、底知れぬ悲しみを背負った時に、兄の残したベイマックスと大学の友達とともに乗り越えようとする後編。

 

どちらもとてもいい話でした。見ている人をとても優しい気持ちにしてくれます。

 

弟のために、真剣に向き合う兄の大きさがなければ、兄の死という出来事の大きさがあまりフィーチャーされないし、そこだけがクローズアップされると、本流になる兄の死後のベイマックスが薄くなってしまう。その両方を成り立たせるバランス感覚はとても良かったですね。

 

2時間もないのに、すごく濃密且つ、辛くない程度の長さの時間だったので、スッキリ見れました。

 

そして、ラスト。

涙が溢れ出すシーンがあるのですが、あのシーンが唐突に来るにしては、とてつもなく涙が出そうになります。映画館で見ると、みんなすすり泣いています。

シーン自体はありきたりなんですが、それまでの時間が、ゆるく、登場人物全員が清く、そして、やさしい気持ちにさせてくれる時間だっただけに、ちょっと悲しかったり、楽し方りするだけで、とてもぐっと来てしまします。

 

見る前は、単なるマシュマロお化けなんですけどね。

見終わると、ベイマックスが愛おしくてしょうがなくなりますね。

 

そして、エンドロールで掛かる『STORY』。

この歌詞が、まさにこの映画のために書かれたんじゃないかと思うくらいぴったりなんです。

この曲は、テレビなどで聞くたびに、感動はするんですが、それだけではなく、ベイマックスのラストに聞くと、深く感動移入させられて、何倍も感動させられます。

 

『ベイマックス』。

このブログを初めて、新作を何作品も見てきましたが、初めて、劇場で見て、そしてDVDも買う作品になりそうです。

 

それくらいいい作品でした。

 

スタッフR

2015.03.07

【アニメ感想】『ローリング☆ガールズ』第6話『電光石火』



cd1えrstdfcybhjk.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

 

今週は、三重・愛知県の完結編でしたね。

 

三重・愛知のモサ同士のレース対決、シャチホコ職人親子の絆、そして、挿入歌の『TRAIN TRAIN』とどれをとっても素晴らしい出来でしたね。

 

久しぶりに、スカッとする終わり方のアニメを見たかもという感じでした。

 

それに、モサっていうのは、ここまでの身体能力があるのかって驚かされる回でもありました。自転車対バイクでバイクに勝つとんでもない感じでしたね。

 

三重のチェッカフラッグ柄のシャチホコと愛知のエビフライのシャチホコが掲げられてめでたしという話の展開もよかったですね。

 

とても人間味のある回でした。

 

スタッフR

 

 

 

2015.03.01

『正義の味方』(映画『ベイマックス』)



ogp_image.jpg

 

映画『ベイマックス』見てきました。

 

CMで見ていたのとは少し違う印象でしたが、最後はとても泣けました。

 

出来る天才少年のヒロ・ハマダとすごくゆるいロボットの『ベイマックス』の友情の物語です。

 

傷ついた心の癒し方というのは、たくさんなるんだなぁと感じました。

 

問題は山積みでしたが、ラストは、涙あり、笑顔ありで気持ちいいクライマックスが待っていました。とても泣けました。

 

そして、AIさんの『STORY』が映画『ベイマックス』をさらに名作にして、映画『ベイマックス』が、AIさんの『STORY』をさらに名曲していると思わせてくれました。

 

出会えたことが嬉しくなるような、素晴らしい作品でした。

 

まだまだ、劇場で上映中ですので、まだの人は、ぜひご覧下さい。

 

スタッフR

 

2015.02.28

[オーブのしおり⑦] 「ローマの休日の世界」




お久しぶりです、しおりです。



早いものでもう3月ですねー。
私ごとですが入社まであと1ヶ月をきりました...
ドキドキワクワクよりも鬱々とした気持ちが増すばかりですが、
自分の自由に使える時間を精一杯楽しむため、卒業旅行に行ってきました!!!


行き先はずっと前から憧れていたヨーロッパ!
フランスとイタリアに行きました。


イタリアといえばローマ、
ローマといえば...『ローマの休日』!!
モノクロで描かれるローマの休日の世界を見に行きました!!

(Amazonより引用)
916Bj4pZX9L__SL1500_.jpg

ローマの休日とは、オードリー・ヘップバーン演じる小国のアン王女と
新聞記者ジョー(グレゴリー・ペック)のたった1日だけの恋のお話。
実を言うと、今まで一度も見たことがなかったので、
旅行前にきちんと予習してから行きました。笑



*アン王女がジェラートを食べるシーンで有名なスペイン広場
(Wikipedia引用)
Audrey_Heburn_and_Gregory_Peck_in_Roman_Holiday_trailer_2.jpg



✈ 行ってみましたー! ✈




IMG_0917.jpg


現在、改修工事中のため、階段を登った先の教会が残念なことになっていましたが
たっくさんの人が広場に集まっていました。
広場の中央にあるバルカッチャの泉は改修終了し、綺麗になっていました!

FullSizeRender[3].jpgFullSizeRender[5].jpg


現在は階段での飲食は禁止されているようですが、食事している人を多く見ました。
このシチュエーションでは食べたくなりますよねー。
2週間の旅行の間に私は7回ほどジェラートを食べました♪笑
いやーイタリア観光にジェラートは外せませんっ!





*ジョーが手を噛まれたふりをしてアン王女を驚かせる、真実の口
(Wikipedia引用)
Audrey_Hepburn_and_Gregory_Peck_at_the_Mouth_of_Truth_Roman_Holiday_trailer.jpg




✈ 行ってみましたー! ✈


FullSizeRender.jpg

誘導のお兄さんがとっても引きの絵で撮ってくれました。笑
サンタ・マリア・イン・コスメディアン教会の入口にあります。
映画ではもう少し大きく見えた気がします。意外と小さいですね。






*追手から逃げようとアン王女がギターを振り回した、サンタンジェロ橋

✈ 行ってみましたー! ✈



FullSizeRender.jpgFullSizeRender[1].jpg



映画では雨が降っていましたが、この日は快晴でした!
橋の両脇には大天使が並んでいます。
サンタンジェロ城はお休みで入れなかったのが残念です。

アン王女が大使館を抜け出すシーンが撮影されたバルベリーニ宮や、
感動のラストシーンに使われたコロンナ美術館などなど
他にも行きたいところはたくさんありましたが、時間の関係でこれくらいです。
またローマに行くしかないですね!!
パリで『アメリ』のお店にも行きたいですー。
改修中のトレヴィの泉(簡易的な泉がありました)でコインを投げたので、
きっとまたローマに来れるでしょう♪



皆さんもローマに訪れた際は、アン王女とジョーになった気分でロケ地巡りしてみて下さい!
日本国内、意外と身近なところにも映画のロケ地があるので
気になったら行ってみるのもすごく楽しいですよね!!



それではまた~!



しおり

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
スポンサー様の募集 スタッフの募集 過去の映画祭スナップ 実行委員会について 知多半島映画祭ブログ イベント情報 メディア情報 作品募集 過去の映画祭レポート 全国の映画祭 プライバシーポリシー
  • Share
CopyRight(C) 知多半島映画祭 All Right Reserved.